スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりのはじまり

最後にアルコール専門病院を退院してから、
簡単にスリップするとは思いませんでした。

病的な飲酒欲求は入院中に徐々に薄れました。

そして、自分自身に嘘をつかなくなったからです。
おかしな言い方ですが、
「お酒は十分飲んだ、もう俺には必要ない」
これが正直な気持ちでした。

次に、「飲んでる場合じゃない」、これに尽きます。
断酒はゴールじゃない。
最低必須要件で、私や家族が明るく楽しく生きていくには、
山ほど「やれる」事、「やるべき」事、「やりたい」事があります。

退院(断酒)後、私は自分をゴミ屑程度の人間だと思ってきました。
だから、愚直に日常と向き合えました。


私は最後にアルコールを飲んだ一昨年以来、
心身共に少しづつ素面になりました。

仕事はまずまず順調で、
妻子とは、再び家族になりました。

今振り返ると、
よく頑張ったと言えます。

当たり前と努力を維持(死守)継続出来て自信がつきました。


話を変えます。
本題です。

辛く、とても今は書けない事が起きました。
覚悟はしていました。

今後も書く事ができるか分からない出来事の渦中にいます。

これがひと段落したら、
私のブログも一度区切りにしようと思います。

人生で避けては通れない事です。
今、胸を張って良かったと言える事は、
妻子と共に家庭と仕事が続けられる自分に戻れた事です。

だから今は耐えられる、
維持継続は続けられます。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。