スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Midnight Run

ミッドナイト・ラン
原題:Midnight Run
1998年
アメリカ

監督:マーティン・ブレスト
・ビバリーヒルズ・コップ
・セント・オブ・ウーマン/夢の香り

音楽:ダニー・エルフマン

出演
ロバート・デ・ニーロ
・ヒート

チャールズ・グローディン

他、味のある役者が沢山




(孤立無援という訳じゃないし、ハンパにやさぐれた)一匹狼の賞金稼ぎと、根は善良な愛すべきペテン師(?)の会計士のロードムービー。

この監督が得意であろう、派手過ぎないアクション+笑い+男の友情と涙ありの娯楽作です。

劇中に流れる音楽が、明るく適度に軽く、嬉しい涙を誘う仕上がりで、ストーリーによく合います。

登場人物は端役まで無駄の無い、私の数える良作の一つです。


完璧な演技のロバート・デ・ニーロが演じる、仕事の腕は立つけど頑固で欠点も多く、家族とは幸せになれなかった元警官の賞金稼ぎ。

劇中、彼がお酒を飲むシーンは無かった(終始仕事中でお金も無かったからかな?)けど、マルボロは手放さないし、コーヒーにミルクと砂糖はたっぷりだし、ステーキにはしゃぎフライドチキンをパクつく、典型的な食にだらしない一昔前のアメリカ人。
食い扶持の為に仕事をしてるから過度にお酒に溺れる時間がないだけだろうとも思ってしまう。
つまり、ごく普通の一般人。

ただ、L.A.までの交通費も無く、道中で元妻にお金を無心し、雇主から経費の送金の目処が立った直後にその日の朝食代も無いのにタバコを買うあたりは、アルコール依存症の私には、笑えない昔を思い出す苦笑いのシーンがあります。

彼曰く、『タバコは俺にとって必需品だ』

いやいや、お金が無くても嗜好品はちゃっかり買うのは....


昔観た時は、主人公のかっこいい部分ばかりに目がいきましたが、今は駄目さも分かります。

それでも好きな映画です。

この映画以外では『ベートーベン』(音楽家ではなくセントバーナード犬)でお父さん役としか説明が出来ない俳優が演じる会計士。

この会計士が面白くて面白くて。

自分がこんな豊かな人間だったら、お酒に捕まる事も無かったろうと思う、羨ましい性格をしています。


この映画は、アルコール依存症向けとかの作品ではありません。

フツーの娯楽作品です。
むしろ、旨そうにお酒を飲む描写も無いので、安心安全に鑑賞できます。
(禁煙者にはオススメできません)

最近、イライラしてたので、休日の昼下がりに気分転換に観た映画を紹介してみました。

私は元気がもらえました。

さて、明日は仕事。
寝よ寝よ
スポンサーサイト

Ups and downs

イライラする


職場
4月から役割が変わり、同じ部署で仕事の中身が変わりました。
自分が上手くやれてないのがわかる。

飲み会
同じ会社の先輩に呼ばれ参加。
同じく呼ばれた後輩や同期の話を聞いて、彼らと自分がだいぶ差が開いてしまった事を再確認。
帰り際、後輩もいたので大目に払って帰ったけど、飲まない(飲めない)上、劣等感で気分悪い自分に更に嫌悪。

家庭
些細な事で腹を立てる




上手くいかない時は何やっても上手くいかない。


仕事がこなせて無いので、今年のGWの休みは有給を取らず暦通り。

3日からの連休は遊んで気分転換しよう。


自分がアルコール依存症だからとか、劣等感を感じ過ぎている気もする。
今の部署の人達も、声をかけてくれた先輩達も、多分今は妻子も、そんな事は気にしてないはず。

家庭持ちで中年期に入ったサラリーマン、これが普通なのかもしれない。


確かにアルコール依存症である事は一生変わらない。

それより、ブランクや遅れを取り戻す事
“何が”自分の足を引っ張った“問題”かを考えよう。

またまだ何も変われてない

しっかりしよう。

YES,We Can!

4年前(2010年)の4月
家を購入して半年が経ったくらい。仕事は新しい部署に異動になった直後。期待される専門分野の仕事で、自分の未来に希望を持っていた頃。
今考えても、問題飲酒は進行していて、平日の夜と土日はだいたい酔っていました。

3年前(2011年)の4月
γ-GTPから血糖値、あらゆる数値が天井知らず、検査を兼ねた教育入院。
この時、γ-GTPは1,000を超えていました。
一ヶ月の入院で数値は下がり、放免(退院)。
一般病院の内科病棟でしたから、『もうお酒は飲みません』と宣言(嘘)して終わり。
この年の後半にはγは2000を突破。
お酒が切れると離脱症状を起こすから、素面でいた時間はほとんどなくなり、ついに精神病院へ。

2年前(2012年)の4月
最初のアルコール専門病院を退院した直後。
(2011年に精神病院に入り、そのまま、最初のアルコール専門病院に転院した)
退院直後から再飲酒で、精神的には一番屈折してた頃。
この時、違うアルコール専門病院にまた入院するなんて考えてもみなかった。
何も考えることが出来なかった。

1年前(2013年)の4月
復職から数ヶ月、家庭内も落ち着き始めた頃。


たった数年で色々ありました。

過信は禁物。

出来ることを少しづつやっていこう。

2回目(最後の)入院を終えた頃、ネットでアルコール依存のブログを見ていて思った事は、『誰か断酒を継続して、尚且つ希望が持てる内容を歩んでいるヤツはおらんのか?』
そう思いました。

誰か教えて欲しい!
断酒して、家族と共に、社会復帰は可能なのか?


誹謗中傷、傷の舐め合いや、見下した優越感、そんなものは要らない。

1年前や2年前に切望した状況に近づいて来たと思ってます。
そしてまだまだ高望みもしてます。

自分には焦るなと言い聞かせますが、同時に、今苦しんでいる全ての人に、改善は可能だと伝えます。

痛みや苦しみは伴います。
楽ではありません。

でも、望むなら、考え方を変えるなら、行動に移すなら。


私は今、前より少しだけマシな自分になれました。

断酒に向かい合う為に、初めて自分の意思で入院した2回目のアルコール専門病院にいた頃から、もう依存症に苦しむ全ての人達の話は聞きたくない、もう沢山だ、心底願いました。

悲惨な現実は、アルコール専門病院、自助会、役所、行き着く所で見聞きした。

このところ忙しく、あまり病気の事を考える時間がありませんでした。

何ヶ月もAAにも行ってません。

私は沢山の人達に助けてもらったけど、同じ病気で苦しむ人には何もしていません。

今はこんな事を書くだけです。
無責任だとわかっています。

今より良い未来を望むなら、考え方を変え、行動に出て下さい。
プロフィール

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。