スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

96時間シリーズ

96時間シリーズ

◇「96時間」
Taken
2008年

◇「96時間/リベンジ」
Taken2
2012年

◇「96時間/レクイエム」
Taken3
2015年

主演
リーアム・ニーソン



2015年初の更新です。
本年も宜しくお願いします。

昨年から、このブログもそろそろ潮時と思いながらも、未だ終息出来ずにいます。

継続と終了の理由がそれぞれ曖昧で均衡している間は、なんとか月イチぐらいで書いていくつもりですが。

2013年4月から親会社に出向してますが、3月で出向期間が終了します。
出向期間の延長か、原籍の会社に戻るかで環境がかなり変わります。

今月末は父の一周忌もあります。

1月末から公私共に慌ただしくなるかもしれません。

この3連休は家族と買い物したり、映画を観に行ったり、ゆっくり有意義に過ごすつもりです。

年末年始の妻の実家への帰省は無事終わりましたが、仕事も年明けからすぐ3月の年度末に向けての本気モードに入っており、年明け第1週が終わってすでに疲れが出てます。

私は10数年前に社会人となりました。バブル景気崩壊後の就職氷河期に入社して、景気は悪くて当たり前、そこで仕事を獲ってナンボと教育を受けた世代です。
ようやく仕事のイロハがわかって落ち着いた頃のリーマンショック。
今思えば氷河期入社とは言え10数年前はまだのんびりしてました。
リーマン以降は、バブル世代や団塊世代が定年前に様々な事情で(望む望まないは別に)会社を去って、仕事は能動的に動かないとご飯が食べれなくなると見せつけられました。

その後、リーマンショックからの立ち直りというより更に不景気に麻痺した頃に、私がアルコール依存で会社を去る一歩手前まで行きました。

復職して今の部署に出向して、とりあえずはそれなりの状況まで上向いて落ち着いてますが、甘んじたら駄目だし、異動したら状況もまた変わるでしょう。

だから、仕事は必死にやりますし、その為には家に帰ったら家族としっかり英気を養います。

さて、今回は「96時間」シリーズです。
最新作が1/9から劇場公開されてます。
今日の夕方観に行く予定です。

1作目はリアルタイムで観てませんでした。
2作目が劇場公開された頃、私はアルコール専門病院を退院して、復職前の自宅療養中でした。
私がお酒を断って今の状態になって初めて家族と映画館に観に行った記念すべき作品がこのシリーズの2作目だったはずです。
で、2作目を劇場に観に行く前に「予習」で1作目をチェックしました。

先に言うと、1作目を観た後の2作目はまあまあという感じで、それだけ1作目は面白かった。

この映画の主演は英国人俳優のリーアム・ニーソン。
最近は、往年のTVドラマ「特攻野郎Aチーム」の劇場版リメイクでハンニバル・スミスを演じたあたりからアクション俳優が板についてきましたが、逆に若い頃は「シンドラーのリスト」など、シリアスな役どころの演技派でした。

ハリウッド俳優にしては珍しい長身で、役者になる前はボクシングで相当なもんだったらしいです。
早逝された奥さん(確かバネッサ・レッドグレイブの娘さん)と仲が良くて、ゴシップも聞かない好人物。
かっこいいおじさんです。

映画は監督を別に立ててますが、製作はヒットメイカーのリュック・ベッソン。
ベッソン映画の全てが好きという訳でもないですが、娯楽映画の作り方をよく分かっている人です。

このシリーズはアクション映画ですが、家族愛がテーマで、娘がトラブルに巻き込まれ、元凄腕工作員の父が持てる能力を駆使して娘(2作目は元妻)を助ける話です。

国家の為に世界のダークサイドで仕事をして、妻と離婚、娘との関係もビミョーな主人公が、家族の為に必死で(周囲には迷惑だらけ)敵に立ち向かう、プロットも昔ながらの映画です。
「ダイ ハード」のジョン・マクレーンと同じで、家庭人としてはダメダメだけど、何かと戦わせたら超かっこいい中年オヤジ。


パリ郊外で悲しい事件が起こりましたね。
1作目はパリが舞台でドンパチやるので、しばらくTVでは放映できないでしょう。


3作目の公開で、レンタルショップに1.2作目がオススメコーナーに出てると思います。

飲酒を誘発するシーンも少ないので、娯楽と割り切って観て頂きたいシリーズです。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。