スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒野の七人

荒野の七人
The Magnificent Seven
1960年 アメリカ

黒澤明監督・三船敏郎主演
『七人の侍』のハリウッドリメイク

ご無沙汰しております、diehard0です。

18歳の娘の受験も近づき、仕事は相変わらずイライラしながらも、まあなんとかやってる毎日です。

最近は、仕事が終わって帰宅すると、晩御飯前に筋トレ(器具は使わない自重トレーニング)と柔軟運動に励んでおります。

効能として
・ストレス(怒)発散
・安眠
・体力向上
・身体の見栄えを良くする
・コツコツした事を継続する根性を養う

お金もかかりませんしね 笑笑

映画の話ですが、今回は西部劇です。
調べると1960年の映画でした。
はじめて観たのは20歳前後の頃で、
もう20年近く前。
その時点で既にクラシックでしたが、あらためて観て名作です。

ストーリーが良い(ユーモアも涙もある)!音楽が良い!出てくる男たちがみんなカッコ良い(7人のガンマン全員がシビれます)!
邦画や最近はハリウッド作品ですら、豪華キャストはだいたいハズレですが、これはまさに娯楽作品です。

私は政治思想や外交に関する持論は反共保守タカ派ですが、貧しい村人の為に立ち上がる、子供達を守る、こういう話にはてんで弱く、映画の序盤はガンマン達の格好良さに興奮し、最後は村の為に(自分の生き様の為でもある)死んでいく男達に涙が止まりません。
それぞれ過去や事情を持つ個性的なガンマン達、痩せた土地で懸命に汗を流し生活する普通の農民達、
どちらが正しいとか尊いという訳ではなく、それぞれの生き方がある。

最初のツカミからのめり込むテンポの良い作りです。
映画はしっかりと作られ、更に娯楽であって欲しいと思う私が、
『名作』と思う1作です。

*西部劇なんで致し方ないですが、メキシコの農村に着くまで、
皆さん酒場でウイスキーをよくお飲みになられます。
それがカッコよく美味そうなんで、、、
飲酒はビールとバーボンが好物だったので、これを飲酒欲求で苦しまず観れる事に、
アルコール病院からの退院と断酒から4年の月日を感慨深く感じます。

では。
スポンサーサイト
プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。