FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子別れ (落語)

diehard0です。

スマホのカウンターアプリを見ると、
断酒から1,941日
アルコール病院退院から1,850日
5年が経過しております。
もう5年、でも、まだまだ5年です。

ちなみに、アルコール病院を退院後の最後の診察からは849日でした。

AAは断酒1年目までのメダルはあるので、
4年前ぐらいが最後かな?(1年目まで計5枚)
念の為のシアナマイド(抗酒剤)も数年前に消費期限切れで捨てましたが、退院の日を最後に服用してません。
これは主治医の先生と話し合っての結果に決めた事です。

退院が9月末で、復職面談を経て、翌年明けから出社。
そこから2ヶ月が無給の治療出社で、
3月から正式に復職。
その翌4月から現部署に配属になって、
4年半が過ぎました。

今は通院が2ヶ月に1回、内科に顔を出すぐらいです。
γ-GTP8〜12が断酒の証し。
最大2,000を超え先生から「死ぬよ」と言われた事も過去の話になりつつあります。

入院時は中学生だった娘も高校を卒業して、
今は看護学科に通い、2年後の国家試験目指して勉強しております。

今年は出費が多かった。
娘の受験、滑り止めの学校分も含め入学金に授業料に教材費が諸々。
早めに自動車学校にも行かせ、再来年の成人式の支度もありました。着物一式と前撮り費用込み。
それだけでも200万は軽く超えました。

復職した頃は、
共働きにも関わらずアル中が家計を食い潰しておりました。(まともな思考を失いデタラメな金遣い)
更に前後の入院だけでも、4病院累計8ヶ月でしたから。最後の入院の際には保険も下りませんでした。

この5年間は頑張りましたが、
やはり、かみさんと娘と会社のお陰です。

さて、今回書きたかったのは落語の演目です。
自分だけで立ち直った訳ではないとあらためて思い出すお話です。

「子別れ」
分類は古典落語と思います。
様々な噺家の方がアレンジされています。
酒乱のダメ亭主が、女房子供に逃げられ、
やり直す話です。

その結末やいかに?!

著作権とかあるので、リンクは貼りません。

頑張っておられる方や頑張りたいのに頑張れない方
Y○uTubeとかWikip○diaで探してみて下さい。

断酒も長く続くと「思い上がり」や「不満」が湧きます。
上記の頑張ったアピールも、
建設的な自信と危険な慢心の裏表です。

あらためて謙虚に愚直に頑張ります。

維持継続は同じ事の繰り返しも乗り越えないといけません。

10年後もその先も、この落語を「良かった」と思えるように。

では。
スポンサーサイト
プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。