スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

reason why

「過去と他人は変えられない」
E・バーン

「生き延びるのは、最も強い者でもなければ、最も賢い者でもない。
唯一生き延びるのは、変化できる者である。」
C・ダーウイン

「変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。」
R・ニーバー



あらゆる方面を巻き込んだ馬鹿でアルコール依存症(私)も、最終飲酒から1年が経ちました。
断酒は継続していますし、今も簡単に再飲酒する事は無いと思ってます。

でも、人は簡単には変われない。

日々、「自責」で考え行動しようと思っていますが、これがなかなか...

お酒に関してではありません。

思考と行動の事です。

なぜコントロール障害になってしまった?

確かにお酒は怖い物資ではありますが、お酒だけのせいではありません。

やはり原因は私自身にあったし、今もそれにようやく気づいただけであって、私自身は大きく変わってはおりません。

家庭も仕事も、望む姿にするには全て自分から。

七転八倒ではなく、せめて七転び八起きぐらいにはなるように毎日を送ってます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

過去の事実は変えられませんが、過去の意味合いは変わってきますよ。
自分を変えればですが、お互い変える努力を継続して行きましょう。
これが出来ないと、断酒も意味の無いものになるかもしれません。
1年継続、そして復職ご苦労様です。

No title

gagaさん

そうですね。
病気になって良かった、とは死んでも言うつもりはありませんが、断酒前の事柄の意味をどうとるかは、今の自分の考え方と行動次第ですね。

断酒だけではなく、これからの全てを無駄にしてしまうかもしれない、飲んでなくてもそんな危険を持ち続けるのが、この病気の怖いところ。

でも、振り返って、過去の消したい記憶に意味を見出す事が出来るようになった今を大切にしています。
私の今後は、その積み重ねにかかっていますから。

ぐっと迫る内容をありがとうございます。
消したい過去。まだ肯定できぬまま、他人のせいにしたり、自分のせいにしたり、、、堂々巡りをしているせいか、よく夢にみます。絶縁してしまった人々が、順ぐりでてくるのです。
変えられないですものね、過去は。
じゃあ、考えても仕方ないですね。
でも、現在につながっている過去だからこそ、そこになんらかの救いを見つけたいと切に思ったり。そんななか、引用されたような澄んだ祈りを読むと、光をうっすらと感じられるような気がします。
一年、おめでとうございます。(^-^)
Yippie-Ki-Yay!

No title

aceさん
Yippie-Ki-Yay!
「迫る」という表現、ありがとうございます。
私達営業職は、意思・気持ち・魂・理論こういった裏打ちが伴って、尚且つ相手に響いた時に、「迫力」あるプレゼンと言われます。

久しぶりに、「箔」ではなく「迫」がつきました。


プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。