スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復讐捜査線

復讐捜査線
Edge of Darkness
2010年 米/英
主演 メル・ギブソン



仕事は2014年度が終了。
ふと数えてみたら、断酒1000日も経過。

今回は特に感慨もありません。
仕事はこのままのスピード感で2015年度に突入。

私生活ではあと数年で、
娘の次の進路を決めないといけません。

働かなきゃ、お金貯めなきゃ。

思うところは沢山ありますが、
今回はノーコメント。



最近、CATVで、
ディスカバリーチャンネルの、
『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』という番組をよく見ています。

イギリスの番組で、
中古車を手直しして転売する番組ですが、
これが面白い。

男のDIY心がくすぐられました。

私は知見が無いので、
安全を考慮して車いじりはやりません。


で、住まいいじりをちょくちょくやります。
自己所有の分譲ではありますが、マンションなんで好き勝手は出来ませんし、
娘が自立したら、
(お金が溜まれば)プロにリフォームを頼みたいとは思っています。

でも、床にワックスをかけたり、
納戸に照明を設置したり、
窓にブラインドを付けたり、
地味に作業を楽しんでます。


あるものを大事に使う、
浪費癖の私が、断酒を機に考えが変わりました。



前置きが長かったですが、
今回の映画。

メル・ギブソンの久々のポリスアクション、、、
なんですが、
往年の『リーサル・ウェポン』シリーズとは、
かなり趣が違います。

娯楽作品でもありますが、
政治的社会的メッセージが全面に出ています。

私はノンポリではありません。
はっきり言えば右側の人間です。
また企業からの禄をはむ者でもあります。

なんで、
今回の映画のそういったメッセージは敢えて深く考えません。


ストーリー
初老の刑事のもとへ、
名門MIT(マサチューセッツ工科大学)を卒業して、
軍需産業に研修生として入ったばかりの一人娘が、
一時帰省するところから始まります。

男手ひとつで育てた、大事なかわいい娘。
何か様子がおかしい。

あっという間に、
企業と政府の陰謀に巻き込まれます。

ジャンルとしては間違いなくアクション映画ですが、
サスペンス(ポリティカルスリラー)と、
親の悲しみが何とも言えないバランスで映画を構成します。

ダサい邦題がついていますが、
原題のEdge of Darkness(闇・暗黒・秘密の刃)、
まさにぴったりのタイトルです。

基は英国BBCの少し古いテレビドラマで、
なんと監督は同じマーティン・キャンベル。

自身がハリウッドのメジャー監督に仲間入りして、
DIYリメイクされたそうです。
機会があれば、そっちも見てみたい。

しぶいアクション映画であると同時に、
父親と娘の悲しい話に引き込まれました。


ただ、回数は少ないものの、
映画の小道具としても上手い使い方で、
カナディアンウィスキーのグラスを傾けるシーンがあります。

もしご覧になるなら、

そっちに引き込まれないようにご注意ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。