FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院

アルコール専門病院に入院して本当に良かった事は、フィジカル面は離脱症状を医療機関のプロに支えられて乗り切れた点と、メンタル面では回復プログラムが断酒の気持を支えて頂けた点です。いくら気持ちがお酒をやめたいと思っても、離脱症状で身体がボロボロだと難しいと思います。仕事をしながら普通の日常生活では、私の場合は無理だったでしょう。薬の服用は最初から少な目でしたが、それでも極度の睡眠不足から助けてもらいました。入院していれば、適切な薬のコントロールが受けれるので、後半は精神や睡眠の薬を飲んでいません。これは退院してから楽だと思います。お酒も薬も飲まず、眠くなり眠れる事はありがたい事です。確かに入院すると、筋力や仕事をする思考は多少衰えますが、お酒に囚われ弱った身体は回復します。アルコール依存症という病気はそれだけで回復なんかしませんが、フィジカル面がボロボロではメンタル面の回復は厳しいです。それと、自分が入院する事で家族を休ませてあげられます。家族の傷は大きいです。退院すると実感します。話は戻りますが、身体の回復は大事ですが、長い目で見ると、一過性の事に過ぎません。ここで勘違いすると、『治った』とばかりにスリップ(再飲酒)だと思います。メンタル面の回復はきっと先の長い話で、私はまだスタート地点でオロオロしてますが、入院中は『気付き』があっただけでも良かったです。小さい『気付き』ですが、これは大きいんです。次はメンタル面の回復に繋がると信じた『気付き』について書こうと思います。喉が渇いたので今日はここまで。最近のお気に入りは、7・11のPB『おいしい炭酸水』で100%果汁ジュースを割ってイッキ飲みです。
スポンサーサイト

tag : 離脱症状 アルコール依存症 断酒 アルコール専門病院

コメント

非公開コメント

プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。