スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院

私は嗜好品が好きです。日本茶、紅茶にコーヒー。煙草もそこそこ吸います。そしてお酒。今は断酒してますが、無類のビール&バーボン党でした。お酒であれほどやらかして、家族を苦しめたのに、もしアルコール依存症が治るならまた飲むと思います。我ながら情けないですね。妻子の『お酒をやめて』という言葉を思い出すと胸が痛むので、そういう意味では完治しない病気で良かったかもしれません。ともあれ、今もお酒を否定してません。お酒は文化や産業の一形態で無くなるもんじゃありません。楽しめる人は楽しむ権利(仕事で汗を流している人とか)があります。第一、酒類売り場やメディアのお酒の描写にいちいち一喜一憂してたら身がもちません。今はアルコール専門病院に入院する前の病的な飲酒欲求がないので、我慢できます。アルコール依存症は飲酒をコントロール出来ない病気ですが、私の最低ライン『最初の一杯を飲まない事』を維持する事はやらなきゃなりません。一杯に手を出すと、時間の差はあれどアウトでしょう。病院でそう思えたのは、入院して二ヶ月近く経った時ぐらいと思います。離脱症状から解放され、入院する事で日常生活のストレスから逃れ、真面目にお酒をやめる事を考え始めた時でした。最後の入院の時、お酒をやめたいと決意して入院したのに、情けない事に離脱症状から解放されると、入院してても飲みたいと思いました。思いとどまったのは、家族と病院スタッフの気持ちが分かった事と、僅かでも本気でやめたいと気持ちがあったからです。それまで、私の口から出るお酒をやめたいという言葉は嘘だったと言っても過言ではありません。三十路を超えて、久しぶりに本気の意思や気持ちを込める事が大事だと思い出しました。本当に最初は小さい本音のやめたいと入院中だから取り繕った建前でした。それが、妻子の事、仕事の事、自分の未来、迷惑や心配を掛けた人達の顔、そんな事がアルコールが抜けると飲酒欲求と同時に頭を駆け巡り、入院中だからそれしか考えないので頭がそれで一杯になります。それまで“私と酒”だった思考が人の事を考え始めます。そのあたりから、メンタル面の回復、というより回復したい欲求があったと思います。昔はこんな人間じゃなかったはず?でも過去には戻れない。何が間違っていたのか?こんな感じですかね。昔、勤め先で仕事のレビューをする時、他責は最後に考えろ!自責を見直せ!と言われた事があります。そんなマインドで考えると、真っ先に気づいたのは【人の話を聞かない】という私でした。これは我ながらショックが大きかったんです。アルコールに溺れこんな事(入院•休職、というより失職寸前•人して親として失格)になってるのに俺は何だ?と。それからは沢山溢れました。謙虚じゃない!我慢が足りない!誰かにどうこう言える立場じゃない!そして改めて思ったんです。俺はこんな人間じゃなかったハズだ!!そして、それに気がつけた自分が何だか嬉しかったですね。それから、少しづつ態度が変わったような気がします。回復プログラムも真面目に取り組みました。元々、自分はこんな所(アルコール専門病院)にいる人間じゃないって、プログラムはおろか周りの仲間、つまり患者さんもバカにしてましたから。自分がアルコール依存症なのは棚に上げて。口では人間は学歴じゃないとか、仕事に貴賎はないとか言ってたのに。アルコール依存症って人から見られるのは嫌なのに、周りを色眼鏡で見てました。色眼鏡が外れると、患者仲間と話す何気無い雑談から回復プログラムのミーティングまで、些細なでも心地よい感動が感じられました。振り返ると『気付き』はまだまだ小さなものでしたが、感動は本物でした。だから、回復プログラムも本物の身になりました。そして、そんな自分を家族が評価してくれた事も嬉しくモチベーションになりました。評価して欲しくて頑張ったんじゃなく、自然ととった言動が評価されたんです。社会人になって、評価(給料や社会的立場維持)の為に仕事してたけど、思い返せしても本当にいい仕事をした時は周りの目なんか気にして無かったんですよね。そんなこんなで(思い出は美化してますが)病院ではメンタルの回復が何かわかる事ができました。私はいいカッコしぃでおだてられたら空も飛ぶ勢い(飛べません)になります。ありがたいのは、家族と病院スタッフと患者仲間が私に道標を探させてくれた事です。自尊心の強い私ですから、自力で漕ぎ着けたと考える節が大いにありますが、数ヶ月前のあの時に私の周りにいてくれた人達には本当に感謝してます。
スポンサーサイト

tag : アルコール専門病院 アルコール依存症 断酒 入院

コメント

非公開コメント

プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。