FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故

どうしてお酒をやめようと思ったのか?
もしくは、何故お酒をやめたのか?

最終飲酒から約8ヵ月
アルコール専門病院を退院してから約5ヵ月

一生の問題なので、たかだかこの程度止まっているくらいでとは思いますが、
正直に自問しても、たまに飲みたいとは思っても、もう飲む気はありません。

ここは大きな違いです。
欲はあっても、手は出しません。

今の私からすれば、
私が再びお酒を飲むことは犯罪行為と同義です。

しょっちゅう公言していますが、
我慢の断酒をしているつもりは全くありません。
約6ヵ月前位から、辛いと思った事はありません。


なぜ、止まっているのか?
今もはっきりとした答えは出ておりません。

ただ、余程イレギュラーなショックが起こらない限り、
今は大丈夫だと思ってます。

家族の為?
もちろん、理由の一つではありますが、
それだけではありません。

妻子が何度も『もう飲まないで!!!』と言った時は、
やめれませんでしたから。

底つき感?
多分違います。

飲んでいた時に、
何度も『もう駄目だ』と思いましたから。
第一、お酒の飲みすぎで、
30代で糖尿病になりましたし。
アルコール性膵炎が原因でした。

もう二度とお世話になりたくない、
劣悪な病院での入院も経験しました。
でも、そこを退院した直後に飲んでいます。

徐々に徐々にです。
飲んでは駄目だと思ったのは。

そして、2回目の入院をしました。

でも、入院して、離脱症状から解放されて、
病院の周りを散歩している時、
何度もコンビニでノンアルコールビールで良いから飲みたいと思いました。

入院から2~3週間はそう思っていました。

でも、この頃、我慢を覚えました。
いつも、どんなにお酒で失敗しても、
翌日には簡単に飲んでいた私がです。

離脱が無くなる。
飲まない我慢が出来た。


そして、
・どうしたら飲まずにいられるか?
・何故飲むのか?
・本来あるべき姿は何か?
・楽しくより良い人生を送るにはどうしたらいいか?
・どうしたら家族に愛されるか?
・どうしてこうなってしまったかのか?
・何がいけなかったのか?

etc
etc
etc

考え始めました。

入院1ヵ月頃、飲酒欲求はかなり軽減しました。

3ヵ月の入院期間は、ただひたすら考えました。

退院する頃、飲酒欲求は殆どありませんでした。

今も、決して飲酒欲求はゼロではありません。

ですが、退院した直後よりも、
今の方がずっと楽になっています。

退院してからは、実社会ではどうすれば良いのか?
毎日それを考えました。

家庭では?
職場では?

自分の何が悪かったのか?
どうすれば?
何をすれば?
どうあるべきか?

あまりお酒の事は考えていません。

日に日に楽になります。
日に日に楽しくなります。
日に日に強く元気になります。

変われます。
変われました。

変わりたいと本気で思えば。


今も悩みは山ほどありますが、
一つ一つ何とかします。

そう思っていたら何とかなります。

私は今も、俗物で尊大で傲慢で卑屈です。

でも、少しずつ少しずつ良くなってきています。

何かを感じて最後まで読まれた方、
頑張りましょう!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。