スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末

疲れてます。
悩んでいます。

考えなきゃ
動かなきゃ
振り返らなきゃ
反省しなきゃ

進んでいるのか
空回りしているのか
止まっているのか


わかりません。


年度末です。
良かった事
悪かった事

課題の抽出

整理が出来ておりません。

失敗も、挫折も、
何度も経験したはずなのに。

アルコール依存症となり、アルコール依存症からの回復を決意し、回復の為、踏み出した道のり。

周囲の仕事の追い込み
迫る異動

昨年を除き、ずっと繰り返してきたのに。

思いも勝手も違うように思えます。

今思い出すべきことは、何故自分がこうなったかです。

今考えるべきことは、これからどうするかです。

でなければ、来年も何の成長もないままです。

喉元過ぎれば何とやらです。


私は最愛の家族と今も暮しています。

私が忘れても、妻や娘は辛く苦しい経験を決して忘れません。

その家族に頑張っているんだと甘えそうになる自分がいます。
妻や子供の他愛のない短所に腹を立てる自分がいます。
どこまでもふざけた話です。

会社の温情で、職場にも戻れました。

復職は生活の為です。
充足感の為でもあります。

売り上げと利益が重点の業績で評価される職に戻ったのは、努力と結果で将来が変えられるはずだからです。

だから辞めずにこだわりました。

辞めて他の会社や役所に行った人のその後を聞いているからです。
仕事は楽になっても、給料は下がり、右から左で生産性が無い…

仮に収入は減っても、プロ意識とプライドは失いたく無い。

なのに、辛い選択をしたんだと、舐めて自惚れる自分がいます。


家族にも職場にも、申し訳なくて情けないと思っているけど、保身や自己憐憫が取り付いて、本心でないように思えます。
情けない。


お酒の事なんかどうでもいいと思いました。
飲みたいとも思わないからそれでいいと思いました。

それどころじゃないから考えないだけかもしれません。

まだ逃げたりはしていません。

でも、逃げる手前かもしれません。

転落して這い上がる途中の挫折を知らないからわかりません。

飲まなくて当然。
辛くても飲まないのも当然。

少しでも変わる事が目標なのに。

飲まなくはなりました。
自分の何が問題かは気づきました。
だから飲まずにいられます。

ただそれだけです。

変わってません。
成長してません。
全く。



今回は結論なしです。

心のオリを書き出しました。

今日の鏡には不快な顔が覗き返してきます。
まともに目を見る事も出来ない卑怯者です。
節目の時期に、自分で台無しにした思い出にすがる愚か者です。

根性を叩き直す事が出来るのは私しかいないはずです。


上記までで今回は書き終えるつもりでした。
閉じるつもりが何度も読み返しました。

肝心な事を書いていませんでした。
本気で忘れていました。


私は家族に手を上げたり、会社の商取引を潰したりしてませんが、酒害者です。

私が勝手に孤独になろうと、下らない独りよがりで、私は存在自体が迷惑な酒害者でした。

人の心と時間とお金と物と沢山の何かを踏みにじった酒害者でした。

忘れていました。

踏みにじられたにも関わらずその人達に助けてもらって今がありました。

私は何も努力をしていませんでした。

今からでした。

今からです。

もう一度読み返して閉じます。

思い出した事で、我にかえりました。

家庭人として社会人としてのプライドは大事だけど、今は私のプライドなんてどうでもいい、あって無いようなもの。

今年度はもう終わると勝手に嘆いていたけど、まだ終わってませんでした。

最後まで読んで頂いた方、こんな記事ですみません。

飲むのをやめて9ヶ月
退院して半年
職場復帰して3ヶ月

その為に右上に記してました。

どれだけ続いているかではなく、たかがそれだけしか経っていませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

同感です

初めまして、ずっと読んでます。年度末ですね。定年近いというのに私は降格になりました。酒が降格の直接原因ではないのですが、酒と連動していることは間違いありません。

「舐めて自惚れる自分がいます」→私のことです。その通りです。その結果、降格になりました。
酒は飲まなくなり約10ヶ月が過ぎますが、酒は意識しなくなりましたが、酒がどうのこうのの前に自分の人間性が問題ですね。世話になった人や家族に「悪感情を持っている甘い自分がイヤになります」

No title

月星さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

組織に属していれば、色々ありますね。
私が今いるところは500人強、4月からの所属先は連結で数万人を超えます。
正直、分からない事だらけです。

私の話ですが、アルコール専門病院に入院中、
自分なりの断酒を毎日模索していました。

インスピレーションを受けたのは、『最初の一杯を飲まない』でした。
アルコール依存症を医学的科学的に考えて、理に適っていると思い、指針にしました。

入院中、定年後に依存症となって治療を受けている人を見て、更に確信しました。
私は30歳代です。あと20年断酒しても定年には足りない。
先は長い。一生飲まないという安直な考えではもたない。
今は、たまに自助グループに顔をだすが、ブログを見る時以外はお酒への囚われはありませんが、『最初の〜』は変わっていません。

そうして、断酒から自分の問題と向き合う事にしましたが、まだまだこのざまです。

今を大事にしないといけませんが、こだわり過ぎて一過性の事象に囚われるから、私は過去にも依存してしまいます。
忘れたい過去は沢山あるのに、良い事は引きずる。

一度やりがいも居心地も充実したポジションを知っているから忘れられません。

今言えるのは、良い事が忘れられないなら、悪い事を決して忘れず改めて目指すしかありません。

自分の為にが家族の為に。
自分の為にが会社と仲間の為に。

そうありたいです。

どんな形であれ、節目を迎える時には充実していれば、幸せだと信じたいです。

『まあ、最後は悪くはなかったな』
そう思いたいです。


正直、うらやましいです

まだ時間があるdiehard0さんがうらやましいです。アル中人間はただ酒をやめて元通りの人間に戻ってみても、それだけではゼロ成長(つまり振り出しに戻っただけ)ですからね。dieHard0さんは自分という人物を理解しつつ、家族や世の中の役に立ちたいと願いつつ、とこれからの生きていく指針がもてますよね。私の場合は、自分の職を通じては・・・、もう時間が限られてしまいます。そこが残念でなりません。せめてあと10年前に気がついておればと、悔やむことしきりです。職以外の別ルートを模索します。

No title

月星さん

私は現時点でゼロ成長です。
元に戻らない事が沢山あります。

出来損ないの欠陥品である事には変わりません。
プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。