FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提起

お陰様で、悪くはない日々を送っております。

今回の話。

自己のセキュリティ対策とモラル向上、自他のプライバシー保護から、ブログ記事を書くに当たって幾つかルールと規制をしておりました。
極力、私以外の人の事柄は書かない…等です。

ですが、今更ながらネットの公共性と利用のモラルが気になっています。

本来、私はネット上でも匿名は好きではありません。

SNSも実名で利用しています。

ただし、私のアルコールとそれに付随する主題には、家族や職場の描写が最低限必要です。
私の表現力も悪いのですが。

その為、家族と職場を特定されない為に、diehard0というハンドルネームを振らせてもらってます。

ただし、ブログの作りは、私の近しい方には分かるようになっていますし、そうでない方には追えないように考えて作っています。
明かせる部分としては、タグ付けせずサーチエンジンにかかりづらい等です。
個別のキーワードも複数合致したら、6割は当たりがつきます。
あとは更新を追えば8割確信になりますよ。
グローバルIPやら都道府県やらは誰でも分かりますから、あとは嗜癖や足跡です。

当然、実名での利用にリスクが伴いますが、実際にはネット使用そのものがリスキーであり、即時性や利便性と引き換えているに過ぎません。

仕事で法人相手のセキュリティ強化のお手伝いをした事がありますが、現実的に問題となるのは投資などではありません。
ヒューマンエラーです。
スキルの有無も少し違います。
最大はミスに始まりミスに尽きる。
それと無知。
補足をすると半端なスキルや知識の活用も無知と言えます。


極論は嫌なら使うな!ですが。

それでも、このブログではお人に迷惑をかける事なく事実のみを書きたいと思ってます。
更に、私がそう思っていても、私の主観が入れば事実と異なる受け止めをされる場合があります。
それも踏まえ、客観性を持った事実に私の私見や思いを添えたいと気をつけています。
それなら、読み手は見極めが出来るからです。

嘘は論外、事実と異なる事や誇張はしたくない。

以前、家族のアルコール問題で悩む方の相談に対し、明らかに虚偽だと思える病院関係者を名乗る人物が答えているサイトを見た事があります。

私が閲覧した時点でも、書き込みから数年経っていたと記憶していますが、あまりにひどい回答でした。

医療従事者の助言だと安心されたとしたら、その方々はどうなっているのだろう。

怒りと悲しみを覚えました。

目に見える費用を伴わないモノやコトや場所でのモラルは下がりがちです。

ネット上は特にそうです。

無料(無償)や匿名という要件がそれに拍車をかけます。
もっとも、世の中にタダなんてありはしませんが。

インターネットの向こう側にはそれでご飯を食べている人がいて、お金は回っているわけです。

話が逸れるのでやめますが、ネットはともかく、アルコール依存症は見えないお金(経費)にも盲目になります。
私は営業の端くれで、人もモノもコトも時間も場所も全てお金が掛かっていると人様に説明してきましたが、自分がどっぷりイッてた時は、なるようになると思い込んでいたフシがあります。
恐ろしいです。

戻します。

私のブログは基本的に私自身の事にフォーカスした内容を書いていましたが、従来『俺が俺が』タイプの私ですから、やはり配慮に欠いたと思う記事が多々ありました。
反省しています。
何より私の寛解にはなりません。
誰かを非難した訳では無いし、特定出来る内容でもありませんが、私のその時の主観がいかようかを残すので、履歴はそのままです。

ですから、最近は記事更新は避けています。

社会復帰して今もほぼ毎日が何かしらの気づきがありますから、とても書いていたら追いつきません。
正直、気づきがなくても忙しいです。
それも現実の一つですが。
本当はお酒にどっぷりの頃の事や入院や治療の事を書く事も大切かと思っていますが、今は無理です。
休職中にまとめておくべきでした。

アルコールや心の問題で『言う/聞く』は大切ですが、『改善』ではなく改善を妨げる『助長』となる側面もあると思います。
助長は自分にも人にも連鎖します。

○○は下に転がる
○○は低きを流れる

言葉は悪いですが、言い得て妙なりです。

言う話す書く、『伝える』事の内容は大事です。

だからこそモラルが必要です。

特に特定のブログサイトに登録するなら、読み手の大半は何かしらの期待を持って読まれているはずです。

無料(無償)と匿名ではモラルが担保されません。

私は自分の為に、最近は読ませて頂いているブログは限定しています。

となると、書く側として、厚顔無恥な私は駄文をこしらえるのは難しくないのですが、諸般から書こうと思った事にもためらいが生じております。
これが趣味のブログなら、なんでもないでしょうが。

ブログであれ自助グループのミーティングであれ、発言という行為に重きを置いて満足する自分。
その満足を正しいものとして受け入れる他者。
助け合いにはならないかもしれません。

強調したいのは、セキュリティやプライバシーではありません。

モラルです。

そして『有益』か『有害』か。

益となるか害となるかは自他共にです。

上記を読まれ、『この馬鹿なに言ってるんだ?』と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

私も人の記事ならそう思うかもしれません。

まさにそこなんですよ、問題は。

人がどう思うかです。

アルコール依存症である私の場合、私の知っている『私』と、人の知っている『私』はかなり乖離しています。

アルコール依存症にありがちな『否定』や『否認』の対象は自己にも及びます。

曰く『アルコール依存症だけど、○○には至らなかった』
『さすがに○○はしていない』
よく言うセリフです。
自己弁護です。
確かに○○までは至らなかったかもしれないし、事実と異なる都合の良い記憶かもしれない。

そもそもそれを言う意味がありません。
アルコールで何ら問題のない方々からすれば戯言です。

私の場合はタチが悪くて自己憐憫があります。

『確かに2回も入院したけど、あれはあの頃は○○で、辛くて仕方がなかった』

こんな話は病院でお医者にして下さい、優しい人でもそう思います。

もし、『仕方がなかったね、しょうがないね』と言ってくれる人がいるなら、調子を合わせてくれただけか、共依存の家族です、多分。

だから私の自己弁護や自己満足を書き連ねるのは有害だと思うのです。

私は今も回復の入り口で右往左往しています。

少し前はどうしようもありませんでした。

だから、同じように悩みや苦しみを持っている人には何とかなって欲しい。

でも、今の私には人を助ける能力も余裕もありません。
自分と自分の家族で精一杯です。

比較の問題でしょうが、余裕があるように言われる事もありましたが、『まずは家族に対して働く事が優先です』と明言しています。
助けを求められてると分かっているから、その度に胸も胃も痛みました。

出来る事は、体験を伝え、気休めではなくある程度責任ある助言をする。

でも、最近改めてまだ出来ないと実感してます。

そんなに簡単では無いと。

数字が証明しています。

ならば、せめて誤った情報は、いえ、誤って受け止められるかもしれない情報は出すまい。

想像力を働かせれば、大なり小なり影響を及ぼす事もあろうと描けます。
影響はないかもしれません。
でも、どこで誰がどう受け止めるかはわからない。

大袈裟かもしれないが、書く以上は責任が無いとは言えません。
責任が無いとしても、誰が間違った選択をしたら、責任は感じます。
私も人に助けて欲しいと思いましたから。

どっぷり溺れていた頃は完全に欠落していました。
想像力と責任感。
あの頃は失ったとは思っていませんでした。
少しおかしくなったくらいだと思っていました。
周囲の人が聞いたらふざけるなと思うでしょう。
本当に戯言です。
上記の『○○までは~』と同じです。
私は少し前まで、『でも、暴力は振るってなかった』なんて言ってました。
聞かれてもないのに。
馬鹿過ぎて、そう言ってる自分を殴りたいぐらいです。
手なんか出してたら今がある訳ないだろうと。
今は、それはせめてもの救いであり、手は出してなくても存在が暴力と同義だったと思います。


長くなり過ぎました。
まとめに入ります。

私は沢山の方々にご迷惑をお掛けし、そして主にその方々に助けて頂きました。

私は、親から受けた恩は子に授けろと教わりました。
私が親から受けた恩の分だけ子に授ける事が出来るようになる事が、受けた恩の恩返しだと、その姿を見せる事が、安心してもらえればそれで良いと。
奇しくも、仕事で最も敬愛する人物からもそう教わりました。
それが繋がっていけば良いと。

私は仕切り直し中です。
親から受けた恩を負の重荷にして我が子に背負わすのか。私や妻を育ててくれた人達の可愛い孫にです。
こんな残酷な話はもう終わりにしたい。

出来る事、出来ない事が分かってきました。
なすべき事とわきまえる事を切り分けています。

久しぶりに書いた記事で長文となりすみません。

まずは自分の為、そして誰かの微力になるなら、自己の満足や弁護、欺瞞は取り除きます。

そして、アルコール依存症となった人間の考え方で好ましくない部分を述べました。

恐縮ですが、私以外でも散見すると思われます。
簡単に考えてみます。
もし、『あなた』が『私』だったら
もし、『私』が『あなた』だったら
もし、『私』が『あの人』だったら
試しに、上記で挙げた私(diehard0)を『あなた』や『あの人』に置き換えてみて下さい。




今後も記事更新は減少します。
理由は上記の通りです。

正直に書きました。

反面教師で構いません、欠片でもどこかの誰かの何かの足しになりますように。

家族は、昨年の今ごろは休みどころではありませんでした。

今年は、前半ゆっくり休ませて、後半はパァーッと遊びます。
やっとそう言えるようになりました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

続けてくださいね

更新は頻繁でなくとも是非続けてください。アルコール依存症を通じて「人の生き方」を求めるdiehard0さんに私は共感しています。

やっと久しぶりに来れました。
じっくり読ませていただきました。
更新の多少にかかわらず、これからも応援しあいましょう!
Yippee-ki-yay!

No title

月星さん

いつもお付き合いありがとうございます。

気持ち
金銭
体力
時間
etc

上記の余裕が著しく欠けると物事の継続は難しいですね。
ブログを始めた頃は、退院直後で人生をやり直し気持ちと、
休職中で時間だけはありました。

今は直面する現実で気持ちと時間と体力をブログに回せない状況です。

何のお約束も出来ませんが、
断酒
労働
考えること
真っ当な生活を維持すること

全てを維持継続発展させる事が、
人として家庭人として社会人として私に求められる最低条件です。

ご期待に添えるかは分かりませんが、今は明確にブログを終了する理由はありませんから継続予定です。

No title

aceさん

お久しぶりです。

いつも励ましのお言葉をありがとうございます。

人生と断酒を先に行かれている方からの励ましとアドバイスをいつも有難く感じてます。

私はaceさんに何のアドバイスも出来ませんが、ブログの訪問は続けさせて頂きます。
プロフィール

diehard0

Author:diehard0
2009年秋
健康診断
アルコール性肝臓疾患
糖尿病
他、異常値たくさん

2011年4月〜2011年5月
入院治療
肝臓疾患
慢性膵炎
糖尿病

2011年11月14日
アルコール依存症と診断
即日精神病院へ入院
休職の始まり

2011年12月27日〜03月30日
入院中も再三飲酒し転院措置
1回目のアルコール専門病院へ
医療保護入院


退院後も再飲酒
休職のまま自宅療養
連続飲酒の日々



2012年06月
入院治療を希望
心療内科へ相談
専門病院を予約

現時点で最後の飲酒

2012年07月2日〜年09月28日
2回目のアルコール専門病院へ
任意入院



2012年11月
復職に向けての自宅療養
ブログを始める



2013年01月
職場復帰

2013年3月
正式復職


断酒ポリシー
“最初の一杯を飲まない”

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
禁酒・断酒
アルコール依存症
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。